探偵コラム

宇都宮 浮気調査

探偵コラム12

浮気するかもしれない気配を看破できていたら、さっさと苦痛から這い上がれたのではないかと思うのも無理はありません。それでもなお自分のパートナーを信用したいというのも全く分からないというほどでもありません。何かの瞬間に気持ちがふらついて不貞行為となる関係を持つようなことがあった場合、問題がこじれる前に正...

≫続きを読む

探偵コラム11

奥さんの友達や社内の知り合いなど身近な存在の女性と浮気に走る男性が近ごろ増えてきているので、夫がこぼす愚痴に静かに相槌を打っているような女性の友達が実のところ夫の不倫相手だったというのもよくある話です。プロが実施する浮気調査とは、尾行張り込みや行動調査を行って住所等を割り出し依頼に応じてカメラあるい...

≫続きを読む

探偵コラム10

スマートフォンが流行したおかげで、出会い専用アプリやフェイスブックのようなSNSで楽に会ったこともない人とメル友になれたり容易に会ったことがないタイプの異性を出会えて浮気してくれる異性を追い求めたりというのがいともたやすくできてしまいます。浮気にかかわる調査をそつなく実施するということはプロフェッシ...

≫続きを読む

探偵コラム9

プロの探偵に頼んで浮気に関する詳しい調査を済ませ、相手の身元やホテルの出入り等の証拠写真が集まったところで弁護士を代理人として離婚するための駆け引きがスタートします。不貞行為の相手に損害賠償等の請求をするならば、対象人物の住所や電話番号などが明らかになっていないと請求が難しい事と、その相手にどれくら...

≫続きを読む

探偵コラム8

ターゲットとなる人物が車などの乗り物を利用して別なところへ行く場合は、探偵には乗用車あるいはオートバイなどを利用した尾行メインの調査のやり方が必要とされています。浮気を調査する件で他社と比較して著しく低価格を謳っている調査会社は、必要な技術を身につけていない素人やアルバイトの学生などに探偵業務をさせ...

≫続きを読む

探偵コラム7

夫の浮気や不倫を見抜く手がかりは、1位が“携帯の履歴”で、2位は恐らくいつもと異なるであろう“印象”ということになりました。見つからないようにすることなど考えるだけ無駄だということを諦めた方がいいでしょう。探偵事務所の選定 でミスをしてしまう方に共通して言えることは、探偵業者に関しての理解があまりな...

≫続きを読む

探偵コラム6

不貞行為は単独では逆立ちしても陥ることがあり得ないもので、相手となる存在があってようやく可能となるものですから、民事上の共同不法行為に該当します。浮気調査に関して相場よりも甚だしく安い価格を謳っている探偵事務所は、知識のないずぶの素人やアルバイトの学生などに調査をさせているとの疑念が持たれます。探偵...

≫続きを読む

探偵コラム5

浮気調査の依頼をした方がいいのかどうか判断しかねている状態でも、感情を交えずにご主人の不審な動きについて探偵会社に問い合わせてみて、浮気といえるものかどうかについての専門家からの助言を受けてみるのも一つの方法です。実際問題としてどのように進めていくかというのは、調査を頼んだ側およびその対象となる人の...

≫続きを読む

探偵コラム4

浮気の証拠集めを業者に託す場合は、数軒の業者に見積もりを出してもらう「相見積」で何軒かの事務所に一律の条件において見積書を提示してもらいそれぞれ照らし合わせて検討することが望ましいと思われす。不倫の定義とは、結婚している男または女が自分の配偶者以外の男もしくは女と恋人同士の関係になり肉体関係を結ぶこ...

≫続きを読む

探偵コラム3

絶賛する言葉がすらすらと言えてしまう男性というのは、女性の心をとらえるポイントを承知しているのであっさりと浮気に走るといってもいいでしょう。できるだけ用心するべきでしょう。浮気調査はどのように実施されるのかというと、基本的な捜査技術である尾行張り込みを実施して対象者の行動を確認し機材を用いた撮影・記...

≫続きを読む

探偵コラム2

浮気願望を持ちやすい人の特性として、社交的で積極的な傾向が強いほど多くの異性と交流するチャンスも少なくなく、年中新鮮味を欲しています。調査対象となる人物が車でどこかへ移動する際に、現在位置を知るために小型GPSなどのツールを目的とする車に内緒でつける方法は、認められていない目的に使用していることとな...

≫続きを読む

探偵コラム1

不倫という行為は民法第770条で規定された離婚の事由に該当していて、不倫により家庭が崩壊したのであれば婚姻関係にある相手に訴えを起こされるケースも多々あり、損害賠償や慰謝料などの被害者に対する民事責任を果たさなければなりません。世間で認識されている浮気とは結婚している男女の間だけではなくて、男女の友...

≫続きを読む