探偵コラム1

探偵コラム1

探偵コラム1

不倫という行為は民法第770条で規定された離婚の事由に該当していて、不倫により家庭が崩壊したのであれば婚姻関係にある相手に訴えを起こされるケースも多々あり、損害賠償や慰謝料などの被害者に対する民事責任を果たさなければなりません。世間で認識されている浮気とは結婚している男女の間だけではなくて、男女の友人以上の関係性について恋人として認識しあっている相手と恋人関係であるという状態を変えないまま、断りもなく本命とは異なる異性と深い関係になるという状態を指します。不倫というものは男女の付き合いをおしまいにするという考え方が当たり前だと思われるので、彼の不貞行為がわかったら、別れようと思う女性が主流だと思います。探偵が提出した浮気調査に関する報告書は最後の奥の手となるため、利用法をしくじると慰謝料の金額が洒落にならないくらい違ってしまうので気をつけて取り組んだ方が良い結果をもたらすことと思われます。過剰な嫉み心を示す男の本音は、「自分自身が浮気を行っているから、相手も同様だろう」という焦りの表現ではないかと思います。

探偵コラム1関連ページ

探偵コラム12
説明文12
探偵コラム11
説明文11
探偵コラム10
説明文10
探偵コラム9
説明文9
探偵コラム8
説明文8
探偵コラム7
説明文7
探偵コラム6
説明文6
探偵コラム5
説明文5
探偵コラム4
説明文4
探偵コラム3
説明文3
探偵コラム2
説明文2